コンサルティングメニュー

戦略づくり、人づくり。
そのための課題を情報という道具を使い、課題解決を通して成果に結びつける事が、リゾームのコンサルティングスタイルです。

社会構造、競合環境の変化や、自店の業績を総合的に分析・整理して、新たな「戦略作り」を行います。そして、デベロッパーとショップがお客様を知り、お客様の変化に適応していくために、共通のツールを元に考え、語り、実践する環境づくりがこれからの「人づくり」につながります。

DMS研修

「システムを使いこなす人材」から「課題を発見し、解決する人財」の育成へ。

賃料収入型から売上支援型へ。データ分析法からマネジメントノウハウの定着までをトータルにサポートします。

リゾームの<デベロッパーマネジメントシステム>は業務の時間短縮を飛躍的に高めるツール(道具)です。しかし、それだけでは作業の効率化を実現したに過ぎません。

リゾームのDMS研修は、作業の効率化からさらに一歩踏み込み、その導き出されたデータに対しての分析力を養い、ショップ支援をはじめとした実践的なスキル(活用方法)を身につける研修です。更に、そのスキルを会社全体で共有し、PDCA化することで業務の標準化と基準値づくりを実現します。

DMS研修の図

デベロッパー
スキルアップ研修

店長が笑顔になれば、もっと素敵なお店づくりが実現できる。
コミュニケーション力で店長をもっと元気にする。

ショップ評価やマネジメントに必要な情報を理解し、ショップとの効果的なコミュニケーション方法をレクチャーします。

お客様に愛されるショッピングセンターには、必ず素敵なショップがあり、元気な店長が頑張っています。しかし、沢山のショップがあると、必ずしも元気のいい店長ばかりではありません。

デベロッパーに求められるショップとのコミュニケーション力は、店長との信頼関係やモチベーションUPに大きく影響を及ぼす、とても大切なスキルです。専用レポートを用いて、現状整理から、課題の気づき、今後の対策づくりを店長と面談形式で行うためのスキルアップ研修です。

デベロッパースキルアップ研修の図

適応成長会議

情報を適応のための戦略に変換する。参加者みんなで考え、語り合い、成長する。

顧客データと近隣環境などの外的要因を立体的に読み解き、全員で施策へとつなげる仕組みづくりをサポートします。

リゾームの<適応成長会議>は、時代の大きなうねりの中で、商圏の変化、競合環境や顧客動向に柔軟に対応し、顧客ニーズに合わせた戦略づくり、ショッピングセンターの年間販促計画づくりを行う全員参加型の会議です。

幹部、ベテラン社員、マーケットに近い若いスタッフの声などを分け隔てなく吸い上げることで、多面的な視点で現状が把握でき、的確な方針・施策を策定することができます。特に、若いスタッフにおいては、分析データに基づいた施策を打つという戦略思考が備わると同時に、データの変化に対し「なぜ?」と課題を敏感に感じ取るマーケティングスキルも養えます。

適応成長会議の図

ありがとう研修

お客様の「ありがとう」をレポートで見える化し店長同士でその対策を徹底的に話し合う。

施設のショップ店長たちが分析レポートを活用しつつ、皆でディスカッションし、対策行動を考える参加型研修をサポートします。

新規顧客は、ショップのチャンス。リピート顧客はショップの強みと考えて、それを毎月見える化するために<ありがとうレポート>を開発しました。

更に、そのレポートを単に配布するだけでなく、店長同士で対策を協議しあう画期的な研修会が<ありがとう研修>です。実データに基づいた店長同士のディスカッションや互いのアドバイスが、店長に大きな学びと気づきがあったとアンケートでの回答も高評価です。

ありがとう研修の図

店長共感ゼミ

専門コンサルが行った講義を動画で提供。新規顧客づくりや、固定化の手法などの実践事例をどこでも学べます。

店長力を高めるための特別講義を動画で提供。通常業務では気が回りにくい顧客戦略の仕組みなどもレクチャーします。

これからの顧客戦略はショッピングセンター全体だけではなく、各ショップでも積極的な取り組みが求められます。リゾームでは、顧客づくりのための各業種別の販促や売り場づくり、接客ノウハウなどを、インターネットやDVDの講義形式でご提供させて頂きます。

業種部会や店長会等でショップの店長にご覧いただき、その後に<ありがとうレポート>を見ながらショップの店長同士でゼミ形式でディスカッション頂くことにより、研修内容の実践展開が図れます。

店長共感ゼミの図