メールマガジン

リゾームが発行するメールマガジン『リゾームプレス』のバックナンバーです。

リゾームプレス 第137号

―▼―――――――――――――――――――――――――――――――▼―

         RHIZOME PRESS <株式会社リゾーム>
          『今を活かし、未来を創造する。』

                     2017/11/24配信 〔Vol.137〕

―▲―――――――――――――――――――――――――――――――▲―
このメールマガジンは、弊社スタッフと名刺交換をさせていただいた方々、
又は弊社展示会・セミナーにお申込み、参加された際に情報提供について、
ご了解いただいた皆様にお送りしております。
今後、本メールマガジン配信不要の方は、末尾をご覧ください。

街や駅前が色鮮やかにイルミネーションで彩られる季節となりました。
日本でのイルミネーションの先駆けは、明治36年に大阪天王寺公園で開催され
た『第5回内国勧業博覧会』の会場正面だと言われています。
当時は電球を博覧会名の運筆順序で点灯し、点滅することもあったようですが
現在のLEDライトやプロジェクションマッピングとは違った、電球ならではの
温かい雰囲気だったかもしれませんね。
……………………………‥‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥‥…………………………
◇◆topics◆◇
【1】 社長からの一言
【2】 動き出した!「リアル店舗」×「ECサイト」
【3】 SC GATE活用無料セミナー(12月)
   「最新データで読み解く!テナント出退店のトレンド2017」
【4】【リゾームユーザー様限定企画】データ分析無料個別相談会
【5】 ユーザ様向け 操作研修のご案内(12月)
【6】 教えて!Office先生
【7】 リゾームプレス・バックナンバーのご案内
……………………………‥‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥‥…………………………
┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏  1.社長からの一言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「人事を尽くし未来に備える」
                            2017年137号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2017年もあと1ケ月余りとなりました。

今年は、第45代アメリカ合衆国大統領トランプ氏就任に始まり、安倍内閣を揺
るがした森友・加計問題、北朝鮮のミサイル発射による威嚇、イギリスのEU離
脱宣言、都議選での自民党惨敗と小池旋風到来、ヤマト運輸の料金値上げ、東
芝が米WHの破産法申請を発表、民進党の解党・分裂、衆院戦での自民党圧勝等、
本当に色々な出来事のあった年です。

それぞれの状況下で、そこに携わった人々は、それが「正念場」であったり、
「修羅場」、又は「土壇場」でもあったかもしれません。

■「正念場」は、「性根場」とも書き、自分の性根と深く向かい合って、答え
 を導き出す局面です。

■「修羅場」の語源は、古代インドの仏教の神話で、阿修羅王(あしゅらおう)
 と帝釈天(たいしゃくてん)の激しい争いの場面で、その壮絶さから「修羅
 場」と現したそうです。

■「土壇場」は、罪人の刑を執行するために、土を盛って築いた壇の場所を意
 味する言葉で、どうにもならない場面や最後の覚悟を迫られる局面とされて
 います。

三つの場を迎えた時に、その人が過去の人生(時間)をどのように使ってきたか
で、場の受け止め方、対応方法、結末に大きな差が現われます。

牛尾治朗氏(ウシオ電機(株)会長) 
月刊『致知』2010年6月号「巻頭の言葉」より
----------------------------------------------------------------------
 経営は、そこにどれだけの時間を投入したかによって決まるものです。
 しかし私は、青年会議所(JC)を卒業した後も多数の公職に携わり、経営との
 両立を図ってきました。
 私にそれができたのは、自分なりの時間の哲学を持っているからです。

 一日に使える時間は、睡眠や食事など生活に必要な時間を差し引くと、14時
 間あります。
 一週間で100時間とすれば、一年では5,000時間ほどになります。
 ビジネスマンの一般的な労働時間はこのうち2,000時間程度ですから、自分
 で管理できる時間は年間3,000時間もあります。

 多くの人は、この3,000時間をどう使うかということが不明確なために、た
 だ忙しいという感覚だけで無為に時間を費やしてしまうのです。

 私は自分の使う時間を、情報をインプットする時間とアウトプットする時間、
 仕事の時間とプライベートの時間、プライベートの中でも勉強する時間と純
 粋に楽しむ時間に色分けして手帳に記し、それらのバランスを常にチェック
 しています。

 経営の重責を担っている以上、仕事に費やす時間が2,500時間、3,000時間に
 達することも当然あります。
 経営者に限らず、仕事で何かを成そうというのであれば、当然多くの時間を
 投入すべきでしょう。

 それでも私は、5,000時間の自分の時間を常にしっかりとデザインしていた
 ので、経営以外にも様々なことに従事することができたのです。

 50歳を過ぎてからは、「無所属の時間」を意識するようになりました。
 これは作家の城山三郎さんの言葉で、人は会社や団体など、どこの組織にも
 属さない無所属の時間を持ち、そこでどう生き直すかを自身に問わなければ
 ならない。
 それが人間の大きさをつくるというのです。

 私自身も、経営以外の時間に、様々な感動、感激、悲しみ、苦しみを味わい、
 多様で彩りに富んだ体験をすることが、経営にもプラスになることを実感し
 ています。

 仕事に追われ自分の時間が持てないと嘆く人はたくさんいますが、実は一人
 ひとりが毎日、自分の個性をどう生かし、与えられた時間をいかに使うかと
 いうことを試されているのです。
 音楽にたとえるなら、楽譜を渡され、自由に演奏してみなさいと言われてい
 るようなものなのです。

 ベートーヴェンの交響曲『運命』は一つですが、小澤征爾が指揮するのと、
 カラヤン、バーンスタイン、フルトヴェングラーが指揮するのとでは、演奏
 時間も曲の強弱もまったく違います。

 自分に与えられた時間をどう生かし、何を創造するかはその人次第。
 流れる時間は有意義なものにも、無益なものにもなります。

 一人ひとりが人事を尽くし、豊かな人生を築いていただきたいものです。
-------------------------------------------------------------------------

時間には「生活時間」、「仕事時間」、そして「無所属時間」があるのですね。
人それぞれ、時間の使い方は自由ですが、与えられた時間は有限です。

無所属時間には「趣味」や、「社会奉仕」、「学び」等、色々な時間があると
思いますが、「備え」についての時間も重要です。

『7つの習慣』の筆者スティーブン・R・コヴィー氏は、最も大切な時間管理に
ついて「重要であるが、緊急でない事」にフォーカスして取り組むべきである
と、述べています。
これが、「備え(危機管理・未来創造)」の部分です。

日常の生活時間、日々の仕事時間からは見えない未来の「リスク」、「チャン
ス」を探す時間をしっかり意識して確保する事が大切です。

昨今の国内外の社会情勢、色々な出来事を見ていると、私たち一人ひとりが、
「未来に備える」ために真剣に考える時間と、「人事を尽くす」行動の重要性
を強く感じます。

 与えられた自分の人生を
 誰のために生きるのか
 何のために生きるのか
 どのように生きるのか  

その自問自答の時間に「正念場」があります。

                       株式会社リゾーム
                        代表取締役 中山博光
                
◆─────────────────────────────────◆
│ ◇ご案内◇
│ 『社長からの一言』は「転送」を歓迎いたします。
│   内容をお伝えしたいお知り合いの方がいらっしゃいましたら、
│   出典を明記の上、ぜひご案内くださいませ。
│
│       ▼過去の『社長からの一言』はこちら▼
│      http://www.rhizome-e.com/topics/hitokoto/
◆─────────────────────────────────◆

┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏   2.動き出した!「リアル店舗」×「ECサイト」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『リアルの危機、EC進化の原動力』
週刊日経ビジネスNo.1916(11月13日発行)の連載「時事深層」のタイトルです。
三井不動産様が立ち上げたECサイト「アンドモール」、パルコ様のスマホ向け
アプリ「ポケットパルコ」、フランフラン様が展開する通販サイトの刷新につ
いてのニュースを解説しています。
拡大するネット通販に対し、リアル店舗の強みを生かした新たなネットサービ
スに注目が集まっています。「時事深層」では、スマホでの情報収集が当たり
前になり、買い物目的だけではリアル店舗に足を運ばない消費者が増えている
と書かれています。この記事内に、リゾームのSC GATEを元に分析した業種別
の出退店傾向が記述されています。

更に詳細結果にご関心をお持ちの皆様には、SCタイプ別、開業年度別、都道府
県別の詳細分析をまとめた『SC GATEレポート2016』をお勧めしています。
下記『SC GATEレポート』サイトにてご覧ください。

『SC GATEレポート』(DVD-R 価格30,000円)の概要とお申し込みはこちら
 ⇒ https://goo.gl/ZYLyt8

┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏   3.SC GATE活用無料セミナー(12月)
     「最新データで読み解く!テナント出退店のトレンド2017」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SC GATEはSC・百貨店のショップ出退店情報を時系列で追えるWebサービスです。
各種検索・比較機能も充実していますので、多くのリーシング・出店戦略ご担
当者に、"攻め"のツールとしてご活用いただいております。

本セミナーはSC GATEの抽出データから見たトレンドの説明の後、実際にPCで
操作していただきます。体験型セミナーですので、多くのご参加者にご満足頂
いています。

◆こんな方におススメ
・出退店トレンドをキャッチしたい方
・SC・ショップの最新出店情報を収集したい方
・リーシング・店舗開発の業務効率化をお考えの方

◆内容(講義&体験となります)
第一部 15:30~16:30
「業種別ランキングから見る、昨今の出退店トレンド」
ファッション、物販、サービス、飲食・・・ SCへ出店が多い業種や、具体的
なショップ・ブランド名は? SC GATEに蓄積しているデータから最新のトレン
ド情報をお届けします。

(休憩)

第二部 16:35~17:30
「SC GATE操作体験/気になるSC・ショップの動向をリサーチ」

あのショップは最近どんなSCに出ている?郊外型?駅周辺型?それとも?
このSCの業種構成比は?自施設のヒントに出来るだろうか?
実際にSC GATEを操作してデータからリサーチしてみましょう。


※参加者特典として、“業種別出店ランキング”をお渡しします。
※操作用のPCは弊社にてご用意いたします。
※第一部と第二部の間には休憩をはさみます。途中退出も可能です。


◆開催日時:2017年12月7日(木)15:30~17:30

◆開催場所:株式会社リゾーム 東京オフィス 会議室

◆セミナー詳細のご案内・お申込用紙はこちら
 ⇒ http://www.rhizome-e.com/seminar/pdf/1710scgatetrendseminar.pdf

◆申込方法:担当までお電話いただくか、上記セミナー詳細PDFを
      ダウンロード後、申込書に必要事項を記入いただき、
      メール・FAXにてお申込みください。

 ※各回定員10名になり次第お申込みを終了させていただきます。
  ※システム関連、コンサル関連の会社様のご参加はご遠慮ください。

◆担当:東京オフィス/高坂   TEL:03-3523-1128 FAX:03-3523-1165
               E-mail: seminar@rhizome-e.com

┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏   4.【リゾームユーザー様限定企画】データ分析無料個別相談会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日々の業務の中で、膨大なデータの活用方法にお困りではないですか?SC業界
で27年、売上やポイントカード分析、トレンド傾向などのあらゆる分析を手が
けてきたリゾームが、商業施設の課題を解決に導く“データ活用ノウハウ”を
ご提供します!

◆こんな方にオススメ
・システムの操作方法はわかるが、データ分析の切り口が解らない。
・現場の課題は明確だが、データの分析結果と結びつかない。
・データ分析の担当になったが、何から手をつければいいか判らない。
・データを分析する時間がなく、分析作業やレポート作成を外注したい。

◆内容  :①データ分析個別相談会
      ②データ分析の考え方のレクチャー

◆相談費用:無料

◆開催日時:随時開催。お気軽にご相談ください!

◆開催場所:株式会社リゾーム 東京オフィス 会議室

◆相談会詳細のご案内はこちら
 ⇒ http://www.rhizome-e.com/seminar/pdf/1706dataconsultation.pdf

◆申込方法:各営業担当に直接ご連絡いただくか、
      r-seminar@rhizome-e.com宛てに以下の内容をご記入のうえ
      メールでお申込みください。
 <記入事項>
 ①お困りの内容、相談したいこと
 ②相談会の希望日程

◆担当:東京オフィス/砂川    TEL:03-3523-1128
                            E-mail:r-seminar@rhizome-e.com

┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏   5.ユーザ様向け 操作研修のご案内(12月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「戦略会議シリーズ」「戦略会議NEXT」操作研修の12月開催のご案内です。

システムユーザ様はどなたでもご参加いただけますので、是非ご検討下さい。

◆セミナー詳細のご案内はこちら
 ⇒ http://www.rhizome-e.com/m/seminar/pdf/seminartokyo137.pdf

┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏  6.教えて!Office先生
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Excelで計算式や数値を修正した時、計算結果に反映されずに古い結果のまま
残ってしまっていた…という様な経験はありませんでしょうか?
今回はExcelの再計算を一括で行ってくれるショートカットキーをご紹介しま
す。

ぜひチェックしてみてください。
 ⇒ http://www.rhizome-e.com/m/pdf/press137.pdf   

過去のOffice先生の講義を受講されたい方はこちら
 ⇒ http://www.rhizome-e.com/topics/xlsteacher/

┏┏┏ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏  7.リゾームプレス・バックナンバーのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今までにお送りした過去のリゾームプレスをWeb上に公開しました。
ぜひご覧ください。
 ⇒ http://www.rhizome-e.com/topics/press/
……………………………‥‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥‥…………………………
■メールマガジンに関するご意見・ご感想・その他ご要望などは、
 下記アドレスまでご連絡ください。
 ⇒ mailto:magazine@rhizome-e.com
……………………………‥‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥‥…………………………
+----------------------------------------------------------------------+