社長の一言集

リゾームが発行するメールマガジンに連載している『社長の一言』のバックナンバーです。

第144号 「絶えず大事に直面してもうろたえるな」

———————————————————————————————————
「絶えず大事に直面してもうろたえるな」
                            2018年144号
———————————————————————————————————
「若い時の苦労は買ってでもしろ。」は昔からある格言です。
しかし、苦労、困難は、年齢も身分も関係なく、生きている限り、誰もが
常に向き合っていかなければなりません。

松下幸之助翁の残された格言には、「困難」という言葉が多く出てきます。
数々の困難を乗り越え、経営の神様にまで到達した幸之助翁の困難に対しての
取り組み方とは何だったのでしょう。
幸之助翁は、困難に出会ったとき、「絶えず大事に直面してもうろたえるな」と
言葉を遺されています。

困難を真正面から受け止め、策を弄せず、小手先で解決しようとしない。
その困難の本質を見極め、決断し、全力で取り組む、というやり方です。
この積み重ねは、鍛錬となり、数々の危機を乗り越えるだけではなく、
松下電器の経営革新に活かされました。

素晴らしい経営者の方々の困難や危機に対しての考え方、対処方法は
たくさんありますが、「解決策は現場にある。現場に帰れ。」と語られた
ユニ・チャーム(株) 取締役 ファウンダー 高原慶一朗氏の言葉も励みになります

『理屈はいつも死んでいる』
ユニ・チャーム(株) 取締役 ファウンダー 高原慶一朗氏著 サンマーク出版
----------------------------------------------------------------------
 危機とは危険と機会の複合物。ですから、ある人にとっての危機は、
 別の人にとってはまたとない機会なのです。
 実際、日本人はむかしから、向かい風をチャンスととらえる柔軟性に富み、
 ピンチをチャンスに変えてきた実績がたくさんあります。
 敗戦からの急速な復興はその典型でしょう。
 あのときの日本は、世界がびっくりするほどの復元力を発揮しましたが、
 その復元力の源泉は、日本人のたぐいまれな適応力にありました。
 適応力とは変化への対応力のこと。
 日本人はその変化力の高さを強みとして、敗戦の痛手からいちはやく
 立ち直ったばかりでなく、ここまで成長することができたといえるでしょう。
 つまり私たちは、時代や社会が生きて動いている現場、その現場から、
 いろいろなものを「理屈ぬきで」消化吸収する力がきわめて強い民族なのです。
 敗戦からまだ間もないころ、本田宗一郎さんがヨーロッパの工場視察旅行から、
 一個のクロスネジを拾って帰ってきたエピソードは有名です。
 それまで日本にはマイナスネジしかありませんでした。
 マイナスネジは手作業でドライバーを使って締めるほかない。
 しかし、頭にプラスの刻みの入っているクロスネジなら圧縮空気を使って
 機械で締めることができる。この一本のネジから、きわめて大きな生産性の
 向上がもたらされることになったのですが、工場の床に落ちていた
 一個のネジに目をとめた本田さんの慧眼—。
 それこそまさに、ものづくりに磨かれた現場感覚が生んだものとは
 いえないでしょうか。
 そうした現場力、あるいは現場力に培われた適応力を、時代が変わったいまも、
 いや、時代の変化が激しいいまこそ、私たちは失ってはいけないのだと思います。
----------------------------------------------------------------------
正に、今の時代は「危機」の真っただ中だと思います。
今回の大阪北部地震で改めて認識させられた大災害リスク、超高齢化社会の到来、
ネット依存社会のひずみ、国際問題等、あげればきりがありません。
しかし、本質的な危機は外部環境だけではなく、私たち自身の適応力の低下かも
しれません。
「大事に直面してもうろたえない」ための、危機意識、胆力があきらかに
不足している気がします。
現状、現場をしっかりとらえ、今一度「創業の精神」に立ち返り、自らが強い
一歩を踏み出す覚悟と、行動が求められています。

松下幸之助翁は、部下で愛弟子の木野先生にこのような言葉を残されています。

「木野君な、人間は苦労した分だけ幸せになるで!」

                       株式会社リゾーム
                        代表取締役 中山博光
                        
+---------------------------------------------------------------------+