川島 哲哉

システム技術部

システム技術部 川島 哲哉
川島 哲哉 システム技術部

入社年:2012年にSE職として入社
これまでのキャリア:所属 東京オフィス4年・岡山本社2年 SEとしてスキルアップ中
出身地:島根県
出身大学:島根大学 大学院卒(総合理工学研究科)

システム技術部の業務

主な仕事は、SEとして戦略会議NEXTの導入業務を行っています。
お客様に要望についてヒアリングを行い、ご要望の整理と確認を行います。
その結果をシステムに反映するためのプログラム作成や設定作業、またお客様がこれまで蓄積された売上データの搭載等を
行い、お客様がシステムを利用できる環境を構築し提供します。
導入を行った後も、お客様からのご質問やご要望への対応を継続して行います。

1日のスケジュール

9:00 出社、メールチェック、朝礼、スケジュール確認、社内業務対応
10:00 社内打合せ
11:00 お客様問合せ対応
12:00 昼休憩
13:00 新幹線で移動
15:00 客先現地作業
16:00 客先打合せ
18:00 打合せ後帰宅

私のターニングポイントグラフ

ターニングポイントグラフ
  • 就活時代

    就活時代
    Q.01 就活のポイント・入社の決め手
    大学で学んだことを生かすため、システム開発を行える仕事に就きたいと思い就職活動を行っていました。

    もともと大学で学んだことを生かすために、システム開発を行える仕事に就きたいと思い就職活動を行っていました。
    地元の島根県だけでなく、中国地方に範囲を広げたところ、リゾームを知ることができました。
    リゾームは少規模の会社でありながら、ショッピングセンター業界でトップのシェアをほこることや、お客様が全国に存在していること、またもともと好きであったショッピングセンターをお客様に仕事ができることを知り、リゾームに入社したいと考えました。

  • 入社当初

    入社当初
    Q.02 入社当初を振り返ってみて
    初めての仕事、初めての東京生活。環境に慣れることに苦労しました。

    初めての仕事、初めての東京生活ということもあり、環境に慣れることに苦労しました。仕事の面でも、大学で学んだ知識をなかなか仕事に結びつけることができず、リゾームで働く上での知識を一から学びなおす必要がありました。
    また、SEという仕事は机上での作業だけでなく、お客様と直接会話や打合せをすることが多くありましたが、もともとコミュニケーションをとることが苦手であったため、打合せでもほとんど発言をすることができませんでした。
    しかし、ある日先輩からメインで説明を行わせていただく機会をいただいたとき、たどたどしい説明ではありましたが、お客様の真剣に聞いてくださる姿勢を感じ、まずは自分に自信をもち、伝えようという気持ちを持たなければならないと気付くことができました。

    それからは苦手な気持ちも減り、お客様とのコミュニケーションが取れるようになりました。

  • 現在

    現在
    Q.03 これまでで一番印象に残っている経験談
    入社9か月後には東京で新規導入案件の主担当を任せられることになりました。

    入社9か月後には東京で新規導入案件の主担当を任せられることになりました。 (もちろん先輩のサポートはありましたが)打合せの資料準備や下調べはもちろん、打合せでのメインスピーカーも行うことになり、手探りの中で仕事を進めました。
    導入まで様々な苦労もありましたが、予定通りシステムが稼働した時には、これまで副担当で関わった導入時とは違う、大きな達成感を感じることができました。
    稼働後のサポートも担当させていただき、お客様と信頼感を築くことができたことは今でも大きな財産になっています。おかげで、現在は西日本の大規模案件を自信を持って対応できています。